こんにちは!ナオです。

中国輸入で代行業者を見つけた次は、実際に商品のリサーチをしていかなくてはいけません。
では、「商品のリサーチって実際にどうやるの?」ということを解説していきたいと思います。

 

 

リサーチ方法

翻訳サイトを使う

中国輸入、相乗り出品をする際にはリサーチが必ず必要になってきます。

アマゾンで販売されているノーブランド商品を中国の「タオバオ」「アリババ」というサイトで探していくことになります。

例えば今回はこちらの商品で解説していきたいと思います。

ブログ2

 

 

 

 

 

 

アマゾンでこちらの商品のリサーチをしたいと思いましたら、まず「グーグル翻訳」でこの商品の商品名を中国語に翻訳します。
下記画像のようにテキストボックスにコピペすれば、翻訳できます。

 

ブログ3

 

 

 

 

 

 

中国仕入サイトを検索する

翻訳ができましたら、今度は中国仕入からの仕入れサイト「タオバオ」にアクセスしていただきます。
タオバオはこちら!

タオバオのサイトトップページで先ほどの中国語に翻訳した商品名を検索します。
検索すると、たくさんの類似商品が出てきますが、探してみるとこちらの商品を見つけられるかと思います。

 

ブログ4

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?
非常に簡単にリサーチできたかと思います。

あとはこの商品を仕入れたらどれだけの利益が出るのかを計算して代行業者にリストを提出するだけです。

また、タオバオ以外にもたくさんの仕入れ先があります。
一つ一つ仕入先のメリットを紹介しておりますので、こちらも目を通していって下さい^^
中国仕入サイトに関する記事はこちら!

 

まとめ

このように、アマゾン商品をタオバオで見つけることは簡単にできます。

同じ商品が見つからないときには、翻訳した商品名をそのままタオバオで検索しただけでは出てこない場合もありますので不要だと思うワードを削りながら探していってみてください。

 

またタオバオだけでなく、アリババというサイトでも同様にリサーチしていくことを行っていってください。
アリババではロット数によって商品価格が決められていて、商品によってはタオバオよりもかなり安く仕入れられることも可能です。

 

多数のサイトでリサーチを行い、リサーチの精度を上げることによって他のセラー達に価格面で大きくリードすることも可能です。

 

まず最初はリサーチを自分で行ってみて、どうすれば短時間で効率よく精度の良いリサーチができるのかを
研究してみてください。

最終的にはリサーチは外注化するべきですが、自分が要領を分かっていないのに外注に任せるのは危険ですので、まずは自分でやることをお勧めします。

どんどんリサーチをしていって、自分に合ったリサーチ手法を見つけていってくださいね^^

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。