こんにちは!ナオです。

中国輸入で、AmazonFBAを使用して販売を行っていく場合、FBA手数料もリサーチの段階で把握しておく必要があります。

 

本日はそのAmazonFBAの手数料を把握することができる、FBA料金シミュレーターの使い方についてお話していきたいと思います。

 

 

FBA料金シミュレーターの使い方

 

ブログ14

 

 

 

 

 

 

この商品のFBA手数料を知りたいと思いましたらまずこの商品のASINコードをコピーしましょう。
ASINコードは、商品ページの下側にある商品情報という所に記載されております。

 

ブログ15

 

 

 

 

 

 

ASINコードをコピーしたら、FBA料金シミュレーターを開いてください。
FBA料金シミュレーターはこちら!

ページを開きましたら、ASINコードを入力するテキストボックスがあるので、先ほどコピーしたASINコードを入力して検索しましょう。

するとこのような画面になるかと思います。

 

ブログ16

 

 

 

 

 

 

ここまでできたら、あとはテキストボックスに商品代金を記入して、計算という所をクリックするだけです。
今回この商品は2330円で販売されておりましたので2330と入力して計算をクリックします。

 

ブログ17

 

 

 

 

 

 

 

するとこのように販売にかかる手数料が自動で計算されます。
この商品ではFBAを利用した場合522円の手数料がかかります。

 

ですのでこの金額をしっかりと把握したうえで、仕入れ商品を選定していくということを行っていきましょう。

まとめ

大型商品などは自社発送を行うよりもFBAに納品した方が割安の場合が多いので、そういった商品は上手くFBAを活用していけるといいですね。

 

逆に小型の商品などは自社でメール便等で発送した方が安く発送できるものが多いので、上手く使い分けをしていきましょう。
それでは本日はFBA料金シミュレータの使い方についてお話させていただきました。
参考になれば幸いです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。