今あなたの行っているビジネスはリスクヘッジをとれていますか?
リスクヘッジとは、リスクに対応できる体制を取って備えておくことを言います。

 

もしあなたが今、「Amazon販売で月収100万円」あったとしても、そのアカウントが停止になってしまえば次の日からは1円も稼げなくなってしまいます。

このように何か一つの事に依存しすぎるのは、非常に危険だと僕は思っています。
ではどのようにリスクを分散させていったらいいのか、ということについて今回はお話ししていきたいと思います。

リスクヘッジをとる

収入源を複数作る

risk_management

 

リスクヘッジを取るうえで一番大事なことは、「収入源を複数持つ」ことです。

もしあなたが今、収入源の分散化を取れていないのであれば、まずは他の収入源を得られるように下準備をしていきましょう。

下準備とは、もしあなたが今Amazon販売だけを行っているのであれば、
他の媒体での販売にも同時並行して挑戦していき、稼ぐための「下地」を作っておく事です。

 

「Amazon販売だけで月商500万円!」は確かに素晴らしいですし、それだけでも十分な収入を得ることができるかと思います。

 

ですが、そのプラットフォームに依存しすぎると、思わぬ事態に遭遇してしまったりライバルセラーからの嫌がらせなどでアカウントが閉鎖してしまった時には、それだけで無収入になってしまいます。

 

しかもAmazonのアカウント停止は3カ月間の入金ストップとなりますので、入金をあてにしていた人にとっては相当辛いことになってしまいます。

 

僕自身、Amazon販売以外にも、ヤフーオークション、楽オク、モバオク、メルカリと様々な媒体で販売を行い、どの媒体からも安定的に収益を上げることができています.

 

どれか一つがアカウント停止になってしまっても問題はありませんし、複数の収入源があれば、
精神的にもゆとりが持てますので、まずは収入源の分散化に挑戦してみてください。

絶対に稼ぎ続けられる媒体を持つ

assets 2

 

こちらは非常に難しいですが、もしこれを達成することができれば本当に自由を手に入れることが
できると思います。

 

リスクヘッジすら必要のない圧倒的なビジネスモデルを持つことが、本当のリスクヘッジ
だと僕は思います。

 

では、圧倒的なビジネスモデルとはいったい何なのか、というと僕は「資産を持つ」こと
だと思っています。

 

資産の形は様々あり、それは「知識」でもあるし、単純に「お金」でもあると思います。
自分が圧倒的な「資産」を持ち、それを必要とし続けてくれる人たちを獲得することができれば、それが本当のリスクヘッジになると僕は思っています。

 

それを達成するのは非常に難しいですが、目指すべきなのはそこなのではないか
と思いますので、本当のリスクヘッジが取れるように僕自身も頑張っていきたいと思います。

最後に

リスクヘッジの重要性はお分かりいただけましたでしょうか?

 

リスクを分散させておくことができれば、あなたはもっと普段の作業に「余裕」を持つことができますし、余裕のある人からは新しい発想も生まれやすいです。

 

リスクヘッジを取ることで、よりビジネスをスムーズに回すことができるようになり、なおかつ収入にも安定性が生まれますので、是非新たな収入源を作っていってください^^

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。