こんにちは!ナオです。

中国輸入を行っていく際に、商品の販売先について悩まれる人もいるかと思います。

 

Amazon、ヤフオク、楽天市場や独自ショップなど、販売先と言っても様々な場所があります。

今回はその中でも僕の勧めている販売先3つについてお話ししていきたいと思います。

 

おすすめの3つの販路

Amazon

4a332f05ade4ac7bb3c46c472cb5eac87

もはや知らない人はいないと言うくらいの、日本最大級のECサイトです。
中国輸入の販売先としてはもっとも代表的な場所となっております。

 

Amazonでは商品をFBAに保管して、自動販売機のような形で販売を行っていく事が可能です。
なので、「副業で中国輸入を始めてみたい!」という方にとって非常におすすめの販売先になります。

 

中国輸入Amazon販売はもう稼げない!なんていわれていますが、そんなことは全くありません。
まだまだAmazon販売だけでも十分稼いでいく事が可能です。

 

Amazon販売の始め方に関しては、初心者向け 中国輸入Amazon販売の方法にて解説しておりますので良かったら目を通してみて下さい。

 

ヤフオク

yahuoku-logo1

日本最大のオークションサイトです。
モバオク、楽オクとありますが、圧倒的な差をつけて利用者、流通総額等独走しています。

 

こちらも中国輸入の販売先として、非常に相性がいいです。
出品の手間がAmazonよりもかかりますので、参入者が少なくより高い利益率で販売することが可能です。

Amazon販売で発生した不良品などをこちらで販売していくという事ができると、資金繰りも非常に良くなります。
なので、ヤフオクへの出品方法を覚えておくだけでもより稼いでいきやすいです^^

 

ヤフオク販売の始め方については初心者向け 中国輸入ヤフオク販売方法で解説しておりますので良かったら目を通してみて下さい。

 

メルカリ

mercari-yabai-0001

リリースからごく短期間で、アクティブユーザー数でヤフオクを抜いてしまった今最も勢いのある市場です。
こちらを中国輸入の販売先として選ぶ方が非常に増えています。

 

商品の販売価格も少し高めに設定しても売れるし、システムがかんたんで、初心者の方も始めやすいというのが魅力的です。

ですがこのメルカリは、業者を嫌う傾向にあります。
あくまでも個人間の取引の場として提供しているようなので、異常な大量出品などは目を付けられてしまいますのでご注意ください。

 

メルカリでの販売の始め方については初心者向け 中国輸入メルカリ販売方法で解説しておりますので良かったら目を通してみて下さい。

 

最後に

 

中国輸入でおすすめの販売先3つを紹介させていただきました。

 

どの販路が1番いいというわけではなく、どの販路もそれぞれいいですし、サラリーマンの給料くらいであればどの販路でも十分稼いでいく事は可能です。

まずは自分に合った販路で販売を始めていくのがいいので、どの販路が自分にあっているのか探してみて下さいね^^

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。