こんにちは!ナオです。

 

最近、読者の方から
「スポンサープロダクトって使用するべきでしょうか?オートとかマニュアルとかあってよく分からないです」
という質問がありました。

 

新規出品に取り組んでいく際に、Amazonスポンサープロダクトを活用する事は非常に有効です。
スポンサープロダクトを活用した場合と、そうでない場合ではアクセス数、売り上げに雲泥の差が出る場合もあります。

 

今回は、スポンサープロダクトの活用方法と、スポンサープロダクトは使用するべきなのかどうなのかについてお話していきたいと思います。

 

 

オートターゲティングとマニュアルターゲティング

オートターゲティング

 

スポンサープロダクトには、オートターゲティングとマニュアルターゲティングの2種類があります。

オートターゲティングは、「ユーザーが入力した検索キーワードに対し、Amazon側で関連性があるとみなしたSKUを、Amazon側で自動で選択して、ページに掲載する」というものになります。

 

そのため、出品者側でキーワード等を設定する必要がなく、Amazon側で幅広いキーワードから購入者を商品ページへ誘導してくれますので、アクセスが多く集まりやすいです。

 

ですが、「幅広いキーワード」から購入者を誘導するということは、1アクセスあたりの成約率は当然低くなります。
アクセスがあったとしてもその商品を本当に欲しい顧客ではない場合もあるので、購入に結び付かないという事も出てくるというわけです。

 

マニュアルターゲティング

 

それに対し、マニュアルターゲティングは、出品者が設定したキーワードとAmazonで検索されたキーワードがマッチングした場合に広告を掲載するというものになります。

 

マニュアルターゲティング場合は、設定されたキーワードに対して広告が表示されますので、キーワードの選定がしっかりできていれば、かなりのアクセスを見込めて、なおかつ成約率も高いという状態を作り出すことが出来ます。

 

 

スポンサープロダクトの活用方法

 

上記の事を踏まえると、

・オートターゲティングはアクセスを集めやすいが、成約率が低い。
・マニュアルターゲティングはアクセス、成約率ともに効果を見込めるがキーワードの選定が難しい。

という2つの事が分かるかと思います。

 

では、どうやってスポンサープロダクトを活用していくかというと、

オートターゲティングでまずは設定して、アクセス、成約率の高いキーワードをリサーチする。
その後マニュアルターゲティングに切り替えて、リサーチしたキーワードを設定し、ピンポイントで購入者を集める。

という手法が最も効果的です。

 

僕自身この方法で毎回スポンサープロダクトを活用しています。
オートターゲティングでのキーワードごとのアクセス数、成約率の確認は「広告レポート」から確認できます。

 

人によってはずっとオートターゲティングのままで設定しておくという方もいますが、スポンサープロダクトはクリック型課金ですので、売れる見込みのないキーワードからアクセスがあった場合にも広告費は発生してしまいます。

なのでマニュアルターゲティングに変更して余分な広告費を発生させないようにしておいた方が良いですね^^

 

最後に

 

売り上げの1割は広告費にかけるべきという事が言われますが、スポンサープロダクトはそれくらいかける価値は十分にあります。

全く売れない商品も、スポンサープロダクトを上手く活用することによって、ヒット商品に化ける可能性もありますので、活用方法をしっかりと理解して実践していくようにして下さい。

 

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。